アパート、マンションの引越しに際しての法律問題

今日は月に1度の高円寺パル商店街無料法律相談会でした。

高円寺といえば地方から東京に出てきた学生や社会人1年生が最初に住む街と言われています。都心に近い割に物価が安いですし、1人で飲食できる店も多いので初めて東京に出てきた方には非常に住みやすい街だと思います。特に3月は引っ越しのシーズンであり、この時期に高円寺に引っ越して来る方、高円寺を離れる方も多いと思います。

法律家的な視点では、アパートやマンションの引っ越しに際しては、壁や床の傷や汚れをどこまで元通りにしなければならないのか(原状回復義務)、入居の際に預け入れた敷金がどの程度返還されるかが問題になることが少なくありません。問題にならないケースでは、おそらく知らない間に居住者が損をしてしまっているケースもあるでしょう。ただ、問題となる原状回復の費用、預け入れた敷金の額はそれほど高額でないことが多く、弁護士を入れてしまうと費用倒れになってしまうことが多いため、ビルの店舗の明渡などを除けば、普段あまりこういったご相談を受けることはありません。

こういったご相談こそ、無料法律相談会だからこそご相談いただけるものだと思います。居住者の方もオーナー、管理会社の方も、お気軽にご相談いただき、退去の際の交渉のポイント、注意点等を知っていただければと思います。