自白事件(犯行を認めているケース)

着手金 15~30万円(税別)
※被害弁償・示談交渉など被害者との交渉の要否や難易度、その他第三者や施設との協議や折衝を要するか、保釈請求をするか等諸要素を考慮の上決定いたします。

報酬金 15~30万円(税別)
※保釈成功時の報酬は、よほど困難な保釈が許可された場合や数度の請求が必要になった例外的場合等を除いて、原則不要。

※上記料金体系は、通常の自白事件を想定しており、否認事件あるいは自白事件であっても、特殊かつ緻密な証拠収集・立証活動や頻繁の接見が要求される負担の大きい情状弁護事件(裁判員裁判対象事件、贈収賄、背任、公職選挙法・独禁法・証券取引法違反等)、毎日の接見が必要な事案、再逮捕が繰り返される事案、更生のために特別の工夫や労力を要する事案等については、十分な時間を確保して最大限の成果を挙げるべく、特別な費用設定(通常は上限で50万円程度)が必要になってくる場合がありますので、別途にご相談させてください。

否認事件(無罪を争うケース)

着手金 50~100万円(税別)
※事件の重大性、裁判員裁判対象事件かどうか、社会的影響の大きさ(マスコミ対応の有無)、証拠収集や立証活動に要する労力等、諸要素を考慮して決定いたします。

報酬金 30~200万円(税別)
※無罪を勝ち取れたかどうか、刑が軽減されたかどうか等の諸要素を考慮して決定いたします。

 

お電話によるお問い合わせはこちら03-6300-4119受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせページへ 専用フォームで簡単送信!