社会保険労務士開業準備中

当事務所所属弁護士は、労務管理分野をさらに充実させるべく従前から社会保険労務士資格にも登録しておりますが、さらに一歩進んで、本年より資格登録だけでなく実際に社会保険労務士業務に従事していくことにいたしました。

これまでのような登録だけでなく、実際に給与計算や社会保険手続業務に従事することで、雇用契約書、就業規則、勤怠管理状況などを目の当たりにして、会社に潜む労務紛争のリスクにいち早く気づくことができるようになりますし、紛争事案において社会保険労務士→弁護士への引継ぎのタイミングが遅れたり、情報提供が不正確になったりする事態を防ぐことができます。

個人事業主としての活動となるか、法人化するのかなど、検討事項はいくつもありますが、夏までには形にしてご報告させていただきます。