東京オフィスの弁護士紹介

シティ総合法律事務所には様々な問題を解決してきた経験と実力のある弁護士が在籍しております。どのようなお悩みでもお気軽にお聞かせください。

弁護士 会田 岳央(あいだ たけお)  – 東京弁護士会

「泥臭さ、柔軟性、フットワークの軽さ」ADの経験を生かし、この3つを意識し職務に臨むことを信条としています。

私は、弁護士になる以前、テレビ番組の制作アシスタントディレクター(スポーツ中継やスポーツニュースなどを担当)をしていました。

映像を編集したり、カメラマンを連れて取材に行ったり、スケッチブックにアナウンサーが読むためのカンニングペーパーを書いたり、モニター室で機械を操作して画面にテロップを入れたりと、正に皆様のイメージされるADの仕事をしていました。

AD業務は、弁護士の業務とはあまりにかけ離れているので、当時身に付けたスキルが直接弁護士の仕事に役立つことは滅多にありません。しかし、弁護士とは全く異なる業種を経験したことは、私の弁護士としての個性になっており、立派に役立っています。

テレビ業界と法曹を経験して、ADにあって弁護士にあまりないものは、
①泥臭さ
②柔軟性
③フットワークの軽さ
だと感じています(あくまで私の感想です)。ADの経験を活かし、私は、法廷でも法律相談でも、常にこの3つの要素を意識して職務に臨むことを信条としております。

弁護士として最良のサービスを提供するには、弁護士としてのスキルがあるだけでは足りず、扱う事件に関する幅広い知識が不可欠であるため、日々新しい分野の知識を吸収することを心掛けています。社会保険労務士登録、マンション管理士・管理業務主任者の資格取得(予定)もその一環であり今後も新たな資格の取得や語学の習得に挑戦していきたいと考えています。

初めての方へ 
詳しいプロフィールはこちら

弁護士 飯野 友章(いいの ともあき) – 東京弁護士会所属

学生時代は、野球に打ち込んでいました。もっと野球が上手くなりたいと考えると、沢山の課題が見つかります。一つ一つの課題に取り組むことで、少しずつ上達していくことができました。

弁護士に対するご依頼も、解決までには沢山の課題がありますが、どのようなご依頼であっても、一つ一つの課題に粘り強く取り組み、ご依頼者様に喜んでいただけるように努力していきたいと考えております。

詳しいプロフィールはこちら